ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

物干金物関係

Q

物干の取付は自分でできますか。

開く
A

弊社の室内物干の多くはビスを止めていただくだけですので可能です。
ただし、それを強固に保持するための下地材がいります。
これは建築後に入れるのは困難なので、取付のできる場合と、出来ない場合がございます。
天井や壁の釘が打ってあるつなぎ目は、大抵下地材が入っていますので、下地さぐりや下地探しレーダー等を用いて取り付けることは可能です。ただし、あくまで下地材の強度によって物干の保持力も左右されるので、ご注意ください。
コンクリート下地等施工が困難な場合は、現場金物店様等、専門業者様にご相談ください。

Q

物干の耐重量について教えてください。

開く
A

弊社の物干の耐重量は、の通りです。基本的に物干の一番弱いところの耐重量を表しています。
また、この耐重量は切断・破断の重量ではありません。この重量までなら問題なく作動するであろう弾性限度(比例限度)で表示してありますので、この耐加重を越えたからといってただちに問題が発生するわけではありません。
洗濯物3kgを3回分で約10kgの場合は、竿掛け式の場合はこれを2本のアームで受けますので耐荷重は約5kgあればいいことになります。