ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

沿革

昭和5年 8月 初代社長石井尚一が「建築金物」にいち早く着目し研究開発に成功、米国スタンレーウォークス社で培ったノウハウを基調に、わが国で初めて「建築金物」の国産化に成功、製造販売を行う。
「協力和衷」の経営理念制定。
昭和22年 8月 法人組織に改組、株式会社協和製作所となる。
昭和36年 11月 大阪府高槻市に高槻工場建設。
建築金物のプラスチック化に着手 。その後、業界スタンダードとなる製品を次々と上市。
昭和42年 3月 埼玉県行田市にプラスチック製建築金物工場(現行田工場)を建設。
昭和42年 9月 ABS樹脂では世界最大のキングサイズシート(10mm×2200mm×6000mm)の製造に成功。
昭和43年 3月 キングサイズシートを使用したトリマランタイプモーターボートの開発に成功、販売開始。
昭和44年 1月 札幌出張所(現 札幌支店)開設。
高槻工場より金属部門のプレス・切削設備を行田工場に移設。同時に戸車(ドアハンガー)類では全国一の生産規模を誇る設備を行田工場に設置。
昭和44年 3月 第8回東京ボートショーに14フィート、8フィート艇出展。8フィート艇「フラミンゴ」は、ショー一番の人気を博す。
昭和45年 5月 北海道千歳市に千歳工場を建設。
行田工場に戸車(ドアハンガー)類の全自動化生産設備を設置。
昭和45年 10月 初代社長石井尚一逝去。
第2代代表取締役社長に林敬次就任。
昭和45年 11月 プラスチックの大型成形技術を活かし、ユニットバス「聚楽」を開発、ユニットバス分野に進出。
昭和46年 3月 プラスチック製養殖漁業用のフロートを開発、販売開始。
昭和47年 10月 キュービック搬入方式によるサニタリーユニットバスルーム2200型を開発、生産販売を開始。
昭和48年 9月 千歳工場にバスルーム生産用高性能加圧成形機設置、生産ラインを増設して量産体制を確立。
昭和49年 11月 世界最大級の射出成形機(4000t)を行田工場に設置。
新型バスルームKBR-250型発表。下部コアに超大型射出成形機により成形されたポリカーボネイト樹脂採用の大型成形品を使用、画期的な排水システムとともに好評を博す。
昭和51年 2月 仙台営業所(現 仙台支店)開設。
昭和51年 3月 第3代代表取締役社長に内藤英雄就任。
昭和51年 9月 東京営業所(現 東京支店)開設。
昭和52年 8月 福岡営業所(現 福岡支店)開設。
昭和54年 2月 一般戸建住宅用バスルームの販売開始。
昭和54年 4月 名古屋営業所(現 名古屋支店)開設。
昭和56年 3月 広島営業所(現 広島支店)開設。
昭和56年 9月 換気ユニット「丸型換気口」KS-10755PR・KS-10755PGが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
昭和57年 6月 従来のバスルームに代わる下部コアをFRP製とした新型バスルームKBR-1115・KBR-1116を発表、販売開始。
昭和58年 1月 北関東営業所(現 北関東支店)開設。
昭和58年 3月 社長内藤英雄、代表取締役会長に就任。
第4代代表取締役社長に西村鐵三就任。
ユニットバス KBR-1116BLが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
昭和59年 3月 集合郵便受箱「ボンメール」KS-MB101S・KS-MB202Sが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
昭和59年 4月 コンパクトな内組型新型バスルームKBR-1014WTを発表、販売開始。
昭和59年 9月 神奈川出張所(現 横浜支店)開設。
昭和60年 3月 行田工場に新型射出成形機数機を増設、FA化(工場自動化)を推進。
換気ユニット「丸型換気口」KS-10756PR・KS-10756PGが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
昭和60年 5月 北陸出張所(現 北陸営業所)開設。
昭和60年 9月 東京営業所を東京支店に昇格改組。
昭和61年 7月 1坪タイプの戸建用バスルームKBR-1616U・KBR-1216Uを開発、販売開始。
集合住宅用バスルームをフルモデルチェンジ。
昭和61年 8月 行田工場に最新鋭の金型工作機械(マシニングセンター、放電加工機、ワイヤーカットマシン等)を増設。
昭和61年 12月 行田工場に新型射出成形機(850t)を増設。
昭和62年 1月 プ ラスチック成形品の受託生産、及び金型設計製造の外販事業を開始(現 受託営業課)。
昭和63年 8月 千歳工場に新型射出成形機2機(550t・200t)を増設。
金型製造部門(現 受託営業課)にCAD/CAMシステム導入。
昭和63年 10月 物干金物「スイングアームL」KS-DA680APがグッドデザイン賞に選定される。
平成元年 1月 トータルサイン事業部を新設(現 サイン課)。
平成元年 3月 行田工場事務所棟増改築。
平成元年 11月 行田工場に新型射出成形機(1300t)を増設。
平成2年 1月 バスルーム営業部(後にバスルーム事業部)を新設。
平成2年 10月 創業60周年を機にCI計画に基づいて社名を「株式会社キョーワナスタ」に変更。
新たに社是・企業理念制定。
平成3年 3月 千歳工場事務所棟増改築。
平成4年 1月 行田工場に開発試験室を設置。
平成4年 10月 行田工場に第2工場棟を新設。
平成4年 11月 行田工場に郵便受箱の組立用溶接ロボット設置。
集合郵便受箱「ボンメールレインボー」KS-MB321Sが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成5年 8月 行田工場に新型射出成形機(1600t)を増設。
千歳工場に新型射出成形機(350t)を増設。
平成5年 11月 集合郵便受箱「ボンメール」KS-MB501S・KS-MB502・KS-MB513・KS-MB301・KS-MB311が優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成6年 1月 販売系基幹業務システムのオンラインコンピュータ稼働。
宅配ボックス「デリバリーボックス」シリーズの販売開始。
平成6年 2月 換気ユニット「ベントキャップ」KS-8601AE・KS-8601AED、KS-8801AE・KS-8801AEDが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成6年 3月 高気密高断熱住宅用換気システムを開発、販売開始。
平成7年 1月 仙台、名古屋、福岡の各営業所を支店に昇格改組。
平成7年 6月 行田工場 総合事務所棟を増改築。
千歳工場に射出成形機2機(650t・350t)を増設。
横浜営業所を新横浜駅近隣(横浜市港北区)に移転する。
平成7年 9月 換気ユニット「エアトレ」KS-V4PS・KS-V1F・KS-V1FA、屋外フード「アルミフード」8製品が、グッドデザイン賞に選定される。
平成7年 11月 集合郵便受箱「公団型」KS-MB_AMNシリーズ、「ボンメールスリム」KS-MB411Sが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成8年 1月 広島営業所を支店に昇格改組。
平成8年 6月 集合郵便受箱「ボンメールスリムS」KS-MB401S、「ボンメール」KS-MB605SS・KS-MB605SPが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成8年 9月 室名札付新聞受「ニューズイン」KS-NPC700S、KSNPC710Sがグッドデザイン賞に選定される。
平成9年 4月 神戸営業所開設。
平成9年 7月 洗濯機防水パンKS-8064ATが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成9年 9月 宅配ボックス「デリバリーボックス」KS-TLM450・KS-TLM500がグッドデザイン賞に選定される。
平成10年 3月 社長西村鐵三、代表取締役会長に就任。
第5代代表取締役社長に石山治夫就任。
平成10年 4月 横浜、北関東営業所を支店に昇格改組。
平成10年 6月 東京都中央区日本橋に自社ビル取得し、本社・東京支店・トータルサイン事業部を移転。商品企画室を設置。
平成10年 9月 室名札付新聞受「ニューズイン」KS-NPC750A・KSNPC750ALが、グッドデザイン賞に選定される。
平成11年 3月 ホームページ開設、CD-ROM図面集発行。
平成11年 9月 宅配ボックス「デリバリーボックス」KS-TLGがグッドデザイン賞に、物干金物「スイングアーム」KS-DA680APがロングライフ賞に選定される。
平成12年 6月 資本金を12800万円に増資。
平成12年 9月 物干金物「スイングアーム」KS-DA554AB、KSDA704ABがグッドデザイン賞に選定される。
平成13年 4月 千歳工場に新型射出成形機(850t)を増設。
平成13年 8月 ISO9001(建築金物のうちプラスチック製品の設計及び製造)の認証取得。
平成14年 1月 大阪支店、大阪資材センターを大阪府豊中市に新築移転。
併せて大阪資材センターを関西物流センターに改組。
平成14年 3月 熱交換換気システム「エアーセヴン」KS-NS150が優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成14年 9月 集合郵便受箱「ボンメールスリム」KS-MB302S、「ボンメールスリムスルー」KS-MB312S、「ボンメールスルー」KSMB514S・KS-MB515S・KS-MB617S、「ボンメールレインボーM2」KS-MB621Sが優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成14年 10月 ISO9001:2000の認証取得。対象に千歳工場を新たに加える(平成22年にISO9001:2008に更新)。
平成15年 8月 建築基準法改正に対応したダクトレス式換気システムKSVTE100、KS-V10FA・KS-V10FS、KS-V20Rを開発、発売開始。
平成16年 3月 第6代代表取締役社長に藤井典雄就任。
平成16年 4月 商品開発本部を新設(現 商品開発部)。
平成16年 9月 物干金物「スイングアーム」KS-DA555ASP・KS-DA705ASP、ならびに換気ユニット「エアトレⅡ」KS-V40PSがグッドデザイン賞に選定される。
平成17年 10月 行田工場に郵便受箱の組立用溶接ロボットを増設。
平成18年 2月 集合郵便受箱「ボンメールスルー」KS-MB514SNが日本弁理士会会長奨励賞、換気ユニット「KS-8616PF」が埼玉県産業労働部長賞を受賞。
平成18年 4月 ISO14001:2004の認証を取得(行田事業所)。
平成18年 6月 千歳工場に新型射出成形機(350t)を増設。
平成18年 9月 換気ユニット「スーパースリムフード」KS-8820SH・KS-8620SHがグッドデザイン賞に選定される。
平成19年 4月 大阪支店に神戸営業所を統合。
平成19年 5月 千歳工場に新型射出成形機(220t)を増設。
平成19年 7月 福利厚生施設として北海道小樽市に小樽寮を新設。
平成19年 9月 戸建・集合郵便受箱「デザインポスト」KS-MB31Sがグッドデザイン賞に選定される。
平成19年 12月 初めて年間売上100億円を突破。
平成20年 4月 新生産管理システムの稼働に伴い、生産管理部を新設。
平成20年 8月 行田工場に新型プレス機2台設置。
平成21年 1月 保守・メンテ製品を中心としたWEBショップ「e-nastaナスタオンラインショップ(現 おうちのマスク)」を開設。
平成22年 4月 平成22年 4月第7代代表取締役社長に杉山和男就任。
平成23年 6月 中国上海市に「日本株式会社納斯塔 上海代表処」を開設。
平成23年 7月 ランドリー製品「nasta」ブランドを立ち上げ、販売開始。
平成23年 9月 宅配ボックス・郵便受箱の「D-ALL」シリーズ、サイクルラックKS-CR01・KS-CR02、ランドリー製品の#001-Clip・#004-Hangerがグッドデザイン賞に選定される。
平成24年 9月 「nastaAirシリーズ」から天井空間の新提案を行う#020-AirHoop、ランドリー製品の#003-Laundry Poleがグッドデザイン賞に選定される。
平成25年 4月 社長 杉山和男、代表取締役会長に就任。
第8代代表取締役社長に笹川順平就任。
平成25年 10月 「nastaAirシリーズ」から持ち歩けるあかり#021-AirTorchがグッドデザイン賞に選定される。
平成26年 10月 「給気レジスター」KS-88PR001F/KS-88PR001FK/KS-86PR001F/KS-86PR001FK、「nastaAirシリーズ」から壁面にすっきり収納できる#022-AirDotがグッドデザイン賞に選定される。
平成26年 10月 CI計画に基づいて社名を「株式会社ナスタ」に変更。
平成27年 1月 集合郵便受箱「D-ALL」シリーズ、KS-MB4102P(ヨコ型)、KS-MB4002P(ヨコ型)、KS-MB6102P(ヨコ型)、KS-MB6002P(ヨコ型)が優良住宅部品(BL)の認定を受ける。
平成27年 2月 大型郵便物対応戸建郵便受箱「Qual」(壁付タイプ)がiF DESIGN AWARD 2015に選定される。
平成27年 4月 よりエンドユーザーに密着したサービス業態の構築・事業化に向けて子会社「株式会社CoLife」を設立。
平成27年 9月 Qual series / D-ALL seriesがグッドデザイン賞に選定される。
平成28年 1月 新しいプロダクト・サービスを生み出す拠点として東京代官山に新オフィス開設。
平成28年 1月 「みんなで、見守る。これからの見守りサービス"otta"」を運営する株式会社ottaと資本提携を行う。
平成28年 11月 行田事業所が埼玉県より「彩の国工場」として指定される